三橋貴明の新刊本が2日限定フラッシュセール!送料のみで手に入るのは4/17(日)まで!

三橋貴明の待望の書き下ろし新書籍

財政破綻論の嘘

99%の日本人を貧乏にした国家的詐欺のカラクリ

三橋貴明の新刊本が販売開始!完成した記念に、980円(税込1078円)のところ今なら送料のみ550円(税込)どうぞ!

書籍無料!

※商品はメンバーサイトに登録後、指定された住所へ発送されます。

※ご登録頂いたメールアドレスは関連商品の案内やメールマガジンをお送りするために使用させて頂きます。

※情報を掲載するにあたり、細心の注意を払っていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性及び安全性等を保証するものではありません。

Q.どんどん国の借金が膨らんでいますが、日本はあと何年で財政破綻してしまうのでしょうか?

「このままでは国家財政は破綻する」
コロナ、貧困、少子高齢化…。
毎年過去最高を更新する、いわゆる「国の借金」…。
2022年、日本の国債発行残高は
史上初の1000兆円越えを果たす見込みです。
それなのに子育て世代への10万円給付をしたり、
飲食店への支援金を配ったり…
このままでは子供や孫たちの世代では、
ちょっとやばいんじゃないか?
それに加えて、社会保障費が増大し、
年金制度医療保険制度崩壊すると言われています。
だから2021年10月、
財務省のトップ矢野康治財務次官はこのままでは日本が財政破綻すると警告する「矢野論文」を発表…
政府も「国の借金」を削減しようと、
消費増税をしたり、公共投資を削減をしたり、、、
日本は借金漬けの国?
そのせいで、財政破綻してしまう?
・・・これ全部「」です。

国の借金で財政破綻する…←です

3分だけください。「財政破綻論」の嘘を数字と公式文書を元にご説明します。
まず、「日本はいつ財政破綻するのでしょうか?」ですが、衝撃的な答えがコチラです

事実財務省がすでに日本は財政破綻しないと発表している

実はこの問題の答えはすでに財務省が出していました。
「日本などの先進国で自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない」デフォルトとは簡単にいうと借金を返せなくなること。一般的に国が財政破綻するというのは、デフォルトしてしまうことを指しています。
要するに、日本の財政破綻はあり得ないと財務省が発表しているということです。

※財務省【外国格付け会社宛意見書要旨】https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm

事実日本の国債は世界的に見ても超低金利

日本がもし財政破綻の危機にあるなら、国債を買う人がいなくなるため、金利が高騰するはずです(実際、財政破綻したギリシャやアルゼンチンは金利が高騰しました)。
しかし、日本の金利は2010年以降1%以下と世界的に見ても超低金利。つまり、日本国債の買い手は山ほどいるということです。
もし、本当に日本が財政破綻するのだとしたら、あり得ないことだと思いませんか?

出典:財務省 https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/index.htm

日本人を苦しめる「財政破綻論の

これは日本が財政破綻をしない理由のほんの一例にすぎません。経済の専門家の三橋貴明は10年以上にもわたり「財政破綻論」の嘘と戦ってきました。
なぜ三橋貴明は財政破綻論の嘘を10年以上にもわたって暴こうとしているのか?それは嘘まみれの財政破綻論のせいで、間違った財政政策が推進され、どんどん日本が貧乏になっているだけでなく、もはや死者まで出ているからです。
三橋貴明は「財政破綻の危機があるから」という間違った認識のもとに、国民が苦しくなるような政策ばかりが行われていると指摘しています。

・国民の格差が拡大し、若い女性の自殺者が急増
・10万円の給付金ですら所得制限などの様々な条件をつけて出し渋る...・自分たちが「自粛しろ」と強制しておいて、そのせいで苦しんでる事業者には「自己責任」のレッテルを貼って、一向に補償しない...・命を救うための医療や必要な介護費すら削られる…・コロナ対策に一番協力した民間病院が政府から援助してもらえないせいで、資金繰りができなくなる...・自然災害大国なのに、必要不可欠なインフラすら整えられず...・隣にウイグルやチベットを侵略している中国共産党がいるのに、最低限の国防すら整えず、属国化の危機・賃金が安いからと言って外国人をどんどんと受け入れ、日本が日本人のための国ではなくなる…・技術投資や科学研究費も削られ、日本が技術後進国と化す…

浮かび上がる様々な疑問

しかし、疑問に思いませんか、、?
もし、本当に嘘なのだとしたら、、
なぜ、そんな嘘がまかり通っているのか?なぜ、TVや新聞は本当のことを言わないのか?
もし、本当に嘘なのだとしたら、、、
なぜ、矢野康二財務次官は「矢野論文」なんて発表したのか?だって、財務省自ら、「日本は財政破綻しない」と認めてるはずなのに…。
政治家が悪いのか?マスコミが悪いのか?
それとも官僚が仕掛けたことなのか?
ヒント:テレビ朝日「モーニングショー」のY氏や慶應大学のK教授など、財政破綻論を撒き散らす彼らの経歴には必ず「ある組織」の影がちらつきます…

TVやマスコミが絶対に報じない、
日本が抱える本当の問題・霞が関に渦巻く根の深い闇を…
財政破綻論の嘘を暴くことで明らかにしていくために作ったのが、三橋貴明のコチラの書籍です…

10年以上にわたって財政破綻論者と戦い続けた三橋貴明の新刊本…

財政破綻論の嘘

99%の日本人を貧乏にした国家的詐欺のカラクリ

政府中枢を支配し続けた嘘の正体とは?消費増税、医療崩壊、自殺者急増…その全てを起こした国家的詐欺のカラクリ

書籍無料!


※商品はメンバーサイトに登録後、指定された住所へ発送されます。

※ご登録頂いたメールアドレスは関連商品の案内やメールマガジンをお送りするために使用させて頂きます。

※情報を掲載するにあたり、細心の注意を払っていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性及び安全性等を保証するものではありません。

商品の目次『財政破綻論の嘘

はじめに 国債は借金ではない。日本政府が発行した貨幣であり「債券」だ

・矢野論文は、「貨幣」について全く理解していない人が書いた妄想である・銀行は記帳するだけで、お金を「創出」することができる・国債とは「国家債務」の略ではない。「国庫債券」の略である・日本政府の債務残高は、1872年の3740万倍(!)に膨らんでいる !?・日本銀行が買い取る日本国債に、返済や利払いの必要は全くない・矢野氏は日銀の機能や役割はもちろん、日銀の存在を知らないのだろう

第1章 日本の財政破綻はあり得ない

自国通貨建ての債務不履行があり得ないことは、財務省も認めている

・矢野論文は突っ込みどころ満載・財務省でさえ、「自国通貨建ての国債」の財政破綻はあり得ないと認めている・ドイツであっても、ユーロ加盟国は財政破綻の可能性がゼロではない ・貿易赤字国が、財政破綻に陥っていく仕組み・レバノン経済の「そもそもの問題」は、「供給能力不足」にある・財政破綻は、「供給能力の不足」から始まる・ロシアやアルゼンチンが、自国通貨建て国債でもデフォルトした理由 ・ギリシャがユーロ建て国債でデフォルトに陥ったプロセス・財政破綻する国は国債金利が上昇するというが……・銀行が新規国債に飛びつくのは、デフレ化でビジネスモデルが成立しなくなったから・日本と「破綻した国々」の共通点を教えてほしい

第2章 緊縮財政が日本経済を破壊した

日本経済には、PB黒字化目標という毒針が喉元に突き刺さっている

・日本を「財政破綻する方向」へ導いている財政破綻論者たち・日本がレバノン化する日・世界中で日本だけが、「PB黒字化目標」という狂った目標を掲げている・財政破綻派が反論できない「都合の悪い事実」とは?・「誰かの黒字=純資産増は、誰かの赤字=純負債増」という絶対原則からは誰も逃れられない・日本政府がPBを黒字化する反対側では、民間(企業、家計)が赤字化する・史上最大に膨らんだPB赤字! しかし、何の問題も起こらない!!・「PB黒字化目標」の旗を降ろさないのは、「狂気」としか表現のしようがない・多くの国民が「税金は財源」という間違った認識を持っている・貨幣は「モノ」ではない、貨幣とは債務と債権の記録、貸借関係である・「国民の格差を拡大する」というミッションを見事に果たした消費税・景気が良かろうが悪かろうが、消費税は容赦なく徴収される・国民の生産、支出、所得の合計であるGDPが縮小し、再デフレ化が加速している・コロナ禍で犯した日本政府の二つの罪・容赦なく税金を搾り取る消費税の無慈悲な仕組み・残酷な税金「消費税」増税を推進する財務官僚たち・財政破綻論を煽る矢野氏お気に入りのグラフ「ワニの口」の悪質さ

第3章 そもそも経済成長とは何か?

インフレ、需要、供給能力について正しく理解する

・「おカネ」とは何かを考えれば、「国債」は貨幣であることが理解できる・インフレ率が許す限り、政府は国債発行と、政府支出をしても問題ない・「GDP三面等価の原則」・総需要(=生産=所得)が循環的に縮小する「デフレーション」に陥った日本・デフレ化した国の政府がやらなければならない「たった一つの政策」・「バラマキ合戦」とレッテルを貼る財政破綻論者の悪質さ・日銀が量的緩和施策をしたからといって、デフレ脱却はできない・500兆円以上もマネタリーベースを拡大しながら、インフレ率はマイナスだった・日本をデフレから脱却させるには、「インフレギャップ」の状況にしなければならない・「資本主義の発展段階」が異なる日本とレバノンを一緒にしてはならない・経済成長の黄金循環をグルグル回そう・「財政破綻!」を叫び続ける財政破綻派こそ、日本を財政破綻に押しやる元凶だ

あとがき 虚偽の財政破綻論を徹底的に駆除しなければならない

・デタラメな矢野論文に乗ってキャンペーンを張る愚かなマスコミ・積極財政を否定する財政破綻論者は、「国民を見捨てろ」と言っている!?・「選択と集中」論を持ち出す者は、「本当に困っている方」の定義を語らない・財政破綻論が、「自己責任論」「国民選別論」を蔓延させている

著者紹介

"日本は、世界の

覇権国になる力がある"

経済評論家、三橋貴明は、公表されたデータや事実に基づいた主張でさまざまな「デタラメ」を暴いてきたことで知られる。韓国企業が躍進している中「日本も韓国に見習え」という空気が強かった時代には、データに基づいて、本当は脆弱であった韓国経済の正体を暴いた。借金1000兆円で日本がデフォルトすると言われてた頃には、親会社が子会社に借金しているだけで実際上は、そんな問題は存在せず、日本経済は世界で一二を争うほど、強く健全だという事を明かした。


もともと日本は昔から大国で、今でも世界の覇権を握れるポテンシャルはある。しかし、このような間違った情報や、マスコミの自虐史観などのせいで、本来のポテンシャルを発揮できずにいて、日本を弱体化させている。三橋貴明は、それを正すため10年以上も、さまざまな形で情報発信、言論活動を続けてきた。年に200回を超える講演活動、与党幹部へのレクチャーなど高い評価を受け、毎年10冊近い執筆を続け、累計の書籍は100冊を超える。異能の国士であり経済評論家である。

経済評論家 / 経世論研究所所長

三橋貴明

販売開始を記念して、4/17(日)までなら送料のみ550円でどうぞ!

お申し込みは簡単です

以下のボタンをクリックしてください。

財政破綻論の嘘

99%の日本人を貧乏にした国家的詐欺のカラクリ

書籍無料!

※商品はメンバーサイトに登録後、指定された住所へ発送されます。

※ご登録頂いたメールアドレスは関連商品の案内やメールマガジンをお送りするために使用させて頂きます。

※情報を掲載するにあたり、細心の注意を払っていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性及び安全性等を保証するものではありません。

この本を読み終えた頃には…

Q. なぜ日本はどんどん貧しくなっているの?Q. 国民を騙して貧しくしている真の黒幕の正体は?Q. 日本で消費増税が何度も行われている本当の理由はなに?
などの疑問が解消され…

◯どの新聞社やテレビが一番嘘をついている
◯政治家の公約の中で巧みに隠された「売国政策◯日本を豊かにし、中国の脅威から身を守り、豊かな日本を次世代に引き継ぐ方法
を見抜くことができるようになるでしょう。学校やメディアでは決して教えてくれないこのような視点を手にすることで、あなたの世界を見る目はガラリと変わるはずです。

なぜ送料のみで提供しているの?

現在は、通常価格980円(税込)の書籍を、書籍無料・送料のみ550円(税込)で提供しています。
というのも、送料のみで提供することで、多くの人にこの書籍を手に取っていただいて、嘘にまみれた財政破綻論の真実を多くの人に知ってほしいという思いがあるからです。
さらに本を読んだ方にファンになっていただき、有料の会員サービスの「月刊三橋」や他の書籍を手に取っていただければ、送料のみで書籍を提供しても、なんとか赤字にはならないだろうと考えているからです。
ですが、もしかしたら費用ばかりが嵩んで、赤字になるかもしれません。そうすれば、通常価格で販売した方が効率的と判断せざるを得ない可能性があります。
その時は、送料のみで提供する試みはすぐに終了いたします。
なので、少しでも興味が湧いたなら、今すぐ手に入れてください。

3つの品質保証で安心して試すことができます

16年間で

217.7万人以上が利用

91%が満足の顧客サポート

48時間以内に対応します

落丁本・乱丁本は

すぐにお取替えします

商品の発送については細心の注意を払っておりますが、万が一不良品がございましたら取り替えさせていただきます。ぜひ弊社までご連絡ください。


https://dpub.jp/contact_forms

FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)

私たちのグループでは過去15年間で累計217万7,080人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。なので安心して取引いただけると思います。

免責事項 ※1.
経営科学出版社は本サイトに情報を掲載するにあたり、細心の注意を払って作業を行なっていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性,完全性及び安全性等を保証するものではありません。また万一これらの情報に誤りがあった場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。また、これらの情報をお客様がご利用することにより副次的に発生したトラブルや損失についても同様です。なお、本サイトの情報は、予告または通知なしに更新、削除、中止されることがあります。あらかじめご了承ください。

日本に残された2つの道

「もし日本に財政破綻論が残り続けたままだと、それこそ中国の属国ですよ、本当に。タイムリミットは今もうここに迫ってます。」
三橋貴明はこのように訴えます。そして今、日本は分岐路に立たされています。

なぜなら、れいわ新選組の山本太郎代表が「日本は財政破綻しない」と明言し、自民党内では積極財政派の西田昌司議員が「財政破綻論の嘘」を追及することができる財政政策検討本部を立ち上げるなど、財政破綻論を払拭できる可能性が見えてきた一方・・・、
財政破綻論者の牙城とも言える財務省は、「矢野論文」をはじめ、いまだに財政破綻論をマスコミを通して吹聴しています。
そしてそれに有名政治家やいわゆるエリートと呼ばれる人たち、著名人のひろゆき氏辛坊治郎氏が加担しているのです。
実際、三橋貴明の会員サービス「月刊三橋」に入るような勉強熱心な人でも、「本当に財政は破綻しないのか?」「有名大の教授が破綻すると言っているのだから、本当は財政破綻するのでは?」と不安になってしまい、三橋貴明に何度も質問する人が沢山いらっしゃいます。(だからこそ、この本を企画しました!
もし今日本に蔓延する財政破綻論の嘘が暴かれ、その影響から抜け出すことができたら、日本は再び経済成長することができます。そうすれば若者たちの所得も増え、孫や子供の代に豊かな日本を残すことができるでしょう。
しかし、逆に日本がこのまま財政破綻論の影響から抜け出せなかったら、残念ながら日本が経済成長することはあり得ず、日本の没落は決して止まらないでしょう。そうすれば日本の若者は、普通に結婚して、休みの日には家族で外食をするといった、ささやかな幸せも味わうことができないかもしれません。
更には防衛費も増やすことができないため、日本が中国の属国化を免れることも難しいでしょう(実際、三橋貴明は尖閣諸島は早晩奪われてしまう可能性が高いと指摘しています。)
1、 20年間に及ぶ没落を食い止め、再び経済成長する日本か2、 このまま没落を続け、中国の属国と化す日本か
日本がこの大きな分岐路に立っている今だからこそ、「財政破綻論の嘘〜99%の日本人を貧乏にした国家的詐欺のカラクリ」を知ることで、あなた自身で将来に残したい日本を選んでください。

お申し込みは簡単です

以下のボタンをクリックしてください。

財政破綻論の嘘

99%の日本人を貧乏にした国家的詐欺のカラクリ

書籍無料!

※商品はメンバーサイトに登録後、指定された住所へ発送されます。

※ご登録頂いたメールアドレスは関連商品の案内やメールマガジンをお送りするために使用させて頂きます。

※情報を掲載するにあたり、細心の注意を払っていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性及び安全性等を保証するものではありません。

免責事項 ※1.経営科学出版社は本サイトに情報を掲載するにあたり、細心の注意を払って作業を行なっていますが、掲載されたすべての情報の内容の正確性,完全性及び安全性等を保証するものではありません。また万一これらの情報に誤りがあった場合でも、弊社は一切の責任を負いかねます。また、これらの情報をお客様がご利用することにより副次的に発生したトラブルや損失についても同様です。なお、本サイトの情報は、予告または通知なしに更新、削除、中止されることがあります。あらかじめご了承ください。